タクシー運転手のカリスマを目指して


by hyqonuihr6

<日弁連>「公害訴訟事例集」作成 日中で今夏同時出版へ(毎日新聞)

 日本の公害裁判の経験を中国に伝えようと、日本弁護士連合会(日弁連)が4大公害訴訟、アスベスト訴訟など重要裁判の事例集を作成し、今夏にも日中で同時出版する。公害裁判で積み上げた被害者救済策を中国に紹介する初の試み。取りまとめの中心になった村松昭夫弁護士(大阪弁護士会)は「急成長を遂げる中国で、かつての日本のような公害被害が増えている。日本の経験を生かしてほしい」と話している。

 事例集は4大公害訴訟と呼ばれたイタイイタイ病、水俣病や、近年、被害拡大が注目されているアスベスト(石綿)訴訟、産業廃棄物の不法投棄が続いた豊島訴訟など14事例を集めた。各訴訟に携わった弁護士が執筆を担当し、概要だけでなく、公害被害の原因をどう突き止め、立証したか、被害者救済制度をどう作ったかなど具体的な方法論が書かれている。

 中国で公害被害者の救済に取り組む中国政法大(北京)の王燦発教授らが村松弁護士に持ちかけた。中国語版は同大が中心となり出版する。【石戸諭】

【関連ニュース】
福知山線脱線:指定弁護士が会見 JR西歴代3社長起訴で
弁護士バー:東京・渋谷に開店へ 接客で法律相談はせず
多重債務相談会:県弁護士会、来月19日に無料で /香川
相続・遺言お悩みダイヤル:奈良弁護士会、来月1日から /奈良
市民のための憲法講座:29日、久留米・弁護士会館で /福岡

<口蹄疫>民間種牛へのワクチン拒否 高鍋の農家「畜産界の財産、県と同じ」(毎日新聞)
<事業仕分け>公益法人の「隠れた政府」化、如実に(毎日新聞)
浦安市がファミリー部門2位に 世界の人気観光都市(産経新聞)
口蹄疫 九州地方知事会が対策の強化・充実を要望(毎日新聞)
<社民党>連立離脱9割方が支持 反対意見のみこむ(毎日新聞)
[PR]
by hyqonuihr6 | 2010-06-01 22:50